読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情を騙るなというけれど

鉄は熱いうちに打つ

Mマスユニット別関ジャニイメソン考番外編

ユニットの曲を考えているうちに出てきた「あーこの曲この人達に歌ってほしい!でもユニット越境してる!サイリウムを折らざるを得ない!」ともだもだした曲を書き連ねてみようと思います。完全なる好みで構成されているのでメンバーの偏りがあるのはご容赦願いたいです。

 

ほろりメロディー:チームアラサー(華村翔真、信玄誠司、硲道夫、山下次郎、渡辺みのり、天道輝)

アラサーの分かれ目がはっきりと解らないのですが。ほろりメロディーの、大人の色気とまっすぐなひたむきさがいい感じにミックスした雰囲気を歌ってほしいんです。あとこのメンバー、ファンサめっちゃしてくれそうで。役者魂の塊翔真さんとドルオタとして客観的なアイドル研究に余念がないみのりさんの布陣の安定感がまず半端じゃありません。まじめで突き詰める硲先生と存在自体がファンサの塊のようなお人柄信玄さんは慣れないセクシーな踊りを頑張って練習してくれそうです。てんてるのファンサに定評があるのはもう公式が明かしているわけですし。次郎先生は、頑張れ!!!丸山くんがてんてるで安田くんがみのりさんでお願いします。

 

あおっぱな:ハイジョ×神速

青春!の勢いと爽やかさで突っ走るこの曲はぜひともこの2ユニットで歌い上げてほしいです。他にも高校生の年のアイドルはいるのですが、「学生」を前にだしているのは彼らだけなので。朱雀君に丸山くんのCメロをノリノリで歌ってほしい。普段は朱雀君の勢いに笑いながら乗っかる玄武君やクールな旬くん、笑わない夏来くんにも思い切り踊ってほしいしはっちゃけられる曲だと思います。秋山くんが四季とニコニコあおっぱなでハモってる光景だけで目が潰れます。

 

ギガマジメ我ファイト:高校フィジカル組(伊勢谷四季、秋山隼人、紅井朱雀、天ケ瀬冬馬、兜大吾、牙崎蓮、大河タケル、水嶋咲)

フィジカル属性というのは、一言でいうと熱血属性です。ボーカルやダンス等何か一つに特化した性質を持つ彼らは、たとえはたからそう見えなくとも一本芯の通ったアイドル達が多いのです。そんな彼らに泥臭く突き進むこの曲を歌ってほしいです。

今回集めた高校生フィジカルは、皆譲れないものを持っています。それは音楽だったり、アイドルそのものであったり、アイドルになった目的だったりです。そしてそれは必ずしも世間に受け入れられるものではなかったりします。高校生なのに正義の味方に憧れたり、裏家業の人間なのにアイドルに憧れたり。それでも彼らは矜持と仲間への思いだけを持って舞台に立っています。事務所を移してまで自分たちの理想のアイドルを追い求めた冬馬などその最たるものでしょう。あまとうと四季くんが肩を組んでタフブラザーなんてやられた日には即円盤買いです。咲ちゃん(男の娘アイドル。自分のありのままの姿でいられる居場所としてアイドルの道を突き進んでいる。かわいい)が「人生かけて 共に涙流して ここで踏ん張ってんだよ」と歌う姿最高に輝いてます。幻影ですが。

 

kichy:水嶋咲、卯月巻緒

先述の咲ちゃんはCafeParadeというユニットに所属しています。そのカフェパレのメンバーであり同じ高校生同士のうづまきとkichyを歌ってほしいです。二人は幼馴染ではないですけど、二人ともとてもふわふわしている雰囲気で、この曲のイメージにぴったりなんです。しかも二人ともふわふわしてるだけではなくとっても強かでかっこいいんですね。「かわいいものが好き」という芯に従い自らのアイドル像をひたすら突き進める咲ちゃんと、天然でありながら男前、男の子と男の顔を(無意識に)使い分けるスキル持ちのうづまき。子供と大人の恋の境界線について歌うこの曲にぴったりのコンビだと思っています。咲ちゃんが横山さんのピンクの衣装、うづまきが安田さんのよく見たら個性的な衣装でくるくる踊ってほしいです。きーみーと、咲ちゃんと!

 

オモイダマ:応援団(硲道夫、山下次郎、舞田類、蒼井悠介、蒼井享介)

これは!やってください!お願いします!弟の命がかかっているんです!

えっとまず、押忍!アイドル応援団!というイベントがかつて開催されたんですね。これはSEMとWのイベントで、なんと甲子園の球児を応援するという内容で、はいもうこの時点でSEMのPである私はドキドキが止まりません。しかも、なんとまいたる(SEMアイドル。315プロ公式のモテコミュ力ぶっちぎりの元英語教師)がトランペットを吹くんです!はい!すいません!ごめんなさいオモイダマでした!

そもそもこのイベント、生徒を導くためにアイドルになったSEMがようやっと掴んだ学生応援イベントであり、かつて競技は違えどスポーツの道から降りたWが今度は応援する側に回るイベントでもあるんです。応援の意味について悩みながらも、夢へ頑張る球児たちへ、夢を支えるものとして彼らは無事にライブを成功させます。そうですこれはオモイダマです!本当にすいませんありがとうございました!

ちょっとパート分けを考えてみようと思ったのですがまずイントロのトランペットをまいたるが吹くという事実(事実?)に感動してpv再生を止めました。もう歌詞をぼーっと眺めているだけであっという間に数時間経ってしまいそうで最近私は薄目でしかオモイダマの歌詞を読めません。本当にMマスと関ジャニにひたすら申し訳ない行いで申し開きもできないです。硲先生は丸山さんのパートをお願いします。流れた涙 陰に隠れて でも見守る視線もあったんだ…。はい浄化されましたー今全ての夢を諦めそうになってた生徒の魂が浄化されましたよー。

 

あー他にも315モテコンビ(まいたる、ほくほく)のtorn、黒髪美少年(秋月涼、神楽麗)のDo you agree?、ホワイトデーユニット(山下次郎、天ケ瀬冬馬、握野英雄、若里春名、卯月巻緒)のイエローパンジーストリートとか、いくらでも湧いてきますね。

キリがないのでここらで落ち着きたいと思います。

みのもんたと言えば+α

学校へ行こう!が放送されましたね。Twitterでもほとんどの人が視聴していて大変な盛り上がりでした。

私の学校へ行こうの思い出と言えば、親の目を盗んで素早く変えていたチャンネルです。当時小学生だった私にリモコン権や録画権などあるはずもなく、学校へ行こうはほとんど見せてもらえませんでした。それでも学校での話題になんとかついていきたいと親が流している番組を素早く変えてはまた戻され、なんてことをやっていたように思います。

そんな私にとってみのもんたと言えば学校へ行こうよりもどうぶつ奇想天外のほうが鮮明にイメージ付けられています。盲導犬の特集で泣く加藤晴彦、トップ争いのじゃんけん、優勝者にはスワロフスキーのシルバークリスタル…今でも懐かしさで胸が熱くなります。毎週のように捕食される草食動物やシャチにおもちゃにされ殺されるペンギン等の映像を流す番組は、今ではNHKくらいでしょうか。かわいい動物の赤ちゃんばかり流れるバラエティ番組を見ていると、時折ふとどうぶつ奇想天外が懐かしくフラッシュバックするときがあります。今回学校へ行こうを見ていると、何故か一層鮮烈に奇想天外が思い出されました。みのもんたからの連想でしょうか。なんだかもう一度観たくなりました。

 

最近読んだものとか

破門(疫病神シリーズ)

疫病神シリーズを読もうと思って借りたのが最新巻だったことにしばらく気が付きませんでした。過去のお話ありきで進んでいたのに…とりあえず読んでいると結果的にあれこれ最終巻かな?って終わりだったのでますます後悔しています。建設コンサルタントの二宮君がヤクザ桑原さんに終始振り回されて巻き込まれているのですがなんだかんだで取り返しのつかない怪我とか死んだしてないのとかふーん…って思いながら読んでいると最後の最後に二宮君が「好きと嫌いの境界線がジグザグになってる」と言われてて目障りだけど気になる恋かよと思いました。本編は恋とか言ってらんない修羅場修羅場の連続でしたが。

幽麗塔

最終巻はだいぶ前に出ていて乃木坂太郎の新作がもう始まっていて、ていうか最終回本誌で読んだのに終わらせるのがもったいなく読んでいなかった最終巻を読みました。もう表紙から泣きそうになります。乃木坂太郎やっぱりすごいなー。医龍の時も思ったんですけど、信念を持っている人間の危うさと成長する人間の逞しさ、そして双方が影響しあって進む力強さを描くのが抜群に上手いです。序盤はホラーとして終盤はミステリーとして素晴らしく良質な作品でありながら全編を通してマイノリティーの苦悩と葛藤を表現しききった傑作でした。山科さんがねー!もうねー!やられますよ!!!あと太一の序盤のヘタレクズっぷりと成長具合がたまりません。一回読んだはずなのに何回も目頭が熱くなりました。多分読み返すたびに熱くなると思います。

Mマスユニット別関ジャニイメソン考3

ユニット考ラストです。

FLAME!!ランキング報酬ひっさしぶりですね!また骨折者が出てしまうのか!セットではしゃぐドラスタも最高に最高です。悪役!頑張ろうな!

 

FLAME

ただいま絶賛イベント中のFLAMEから。Mマス内屈指のレアユニットである彼らは前職が自衛官、警察官、消防士という人を守る仕事で固められています。元公務員という堅実な職業に就きながら悪人面、不幸体質、仲間をテロで失うという特殊な事情からアイドルに転向してきた三人組で構成されています。初イベントがブライダル関係というスタートダッシュをかましてきた色々と思い出深いユニットでもあります。Mマス内随一の男性人気を誇っていますね。

FLAMEに歌ってほしい関ジャニ曲と言えば間髪入れずにレスキューレスキュー(http://www.uta-net.com/song/153650/)が連想されます。FLAMEがこれを歌わずして何を歌うというのか。ほろ苦い人生経験からか最初のウエディングイベントのイメージからか、「理想ではない恋愛」ソングであるイッツマイソウル(http://www.uta-net.com/song/57602/)もぐっと来ると思います。

 

THE虎牙道

Mマス唯一の全員フィジカルユニット。全員格闘技を経験しているメンバーで、イベントもマラソンや寺修行など体力を使うものが目立ちます。誕生日が不明で前日になっていきなり明かされるメンバーがいる、上位イベントがとにかく過酷、と何かとPの体力と精神力に揺さぶりをかけてくるユニットです。アイドルになることに消極的なメンバーが多く、彼らがイベントを通してアイドルの楽しさに開眼していく過程も魅力です。

やはりワイルドが売りの虎牙道にはキングオブ男(http://www.uta-net.com/song/159731/)をがっつり歌って踊ってほしいです。同じように漢ユニットの曲も捨てがたいですが、意外とDye D?(http://www.uta-net.com/song/121989/)のスタイリッシュなメロディーを色が乗り切ってない色気を乗せて歌っても映えると思います。きざきちゃん英語歌えるかな?

 

Altessimo

ハロウィンイベントお疲れ様でした。音楽家ユニットであり、水以外は摂取しない作曲家と人間を信用できないヴァイオリニストという音楽以外はちょっと不安になるコンビで結成されたユニットであります。互いの音楽に惹かれ合った二人ですが、最近のイベントでは相方の才能以外の人間性に関心を寄せる、アイドルとしてファンに何が出来るのか考えるなど、意識面での成長が著しく、プロデュースするうえでの楽しみにもなっています。ただ都築さん(作曲家)は年齢不詳のままです。

ボーカルよりなのですばるさんの歌声が映える曲がいいかと思いそっち方面で探してたのですが、アルテの浮世離れしたイメージとすばるさんのどこまでも人間らしい声質は違うベクトルの音なんだと気付きました。音楽性の違い。涙の答え(http://www.uta-net.com/song/147683/)の切ない浮世離れ感(?)とかアルテに会ってるんじゃないでしょうか。明るめの曲だと泣かないで僕のミュージック(http://www.uta-net.com/song/103261/

 

F-LAGS

Mマス初の追加ユニットです。アイマスからアイドルをしている前職女装アイドル秋月涼ちんが加入していることからも大きな話題となっているこのユニット、他の二人も超ディープかつカオスかつヘビーな前職を抱えていて、まさにワケあってアイドルの名に恥じぬ(?)ユニットとなっています。また彼らはMマスにおいては珍しくユニット結成前に面識がないメンバーで構成されていて、これからの成長と絆の深め方が楽しみなアイドルでもあります。

平均年齢16だとは思えない人生を送ってきた彼らにはココロ空モヨウ(http://www.uta-net.com/song/156234/)の力強く背中を押してくれる歌詞が良く合うと思います。彼らの境遇を思うととにかく歌詞が染み渡ります。あとは、自分の本当の姿でありのまま笑顔で光るアイドルにこれからなる、F-LAGSには絶対に歌ってほしい曲です!輝ける舞台へ(http://www.uta-net.com/song/121986/)!

 

全ユニットとりあえず書き連ねました。曲被ってたりしてそうだし誤字は確実にしてる。

Mマスユニット別関ジャニイメソン考2

前回に引き続き、イメソンです。

それはそうとMマスのハロウィンイベ非常に素晴らしいですね。Mマスを代表する黒髪美少年達の退廃系SRが耽美すぎます。去年は三十路たちの本気コスプレパーリナイSRだったので良ギャップが引き立ちますね!

 

W

アイドル育成ゲームには欠かせない(?)双子ユニットです。元サッカー選手で、足を怪我してサッカーを続けられなくなった兄とその怪我に負い目を感じる弟と言う、一歩間違えれば心中しそうな経歴を持っています。しかしそんな過去を吹き飛ばすように全力でアイドルを(そしてオフにはサッカーを)楽しむ二人は、まさにワケあってアイドル!のキャッチコピーにふさわしいユニットと言えます。

Wにはとんでもなく前向きで楽し気な曲歌ってほしいです。急☆上☆Show!!(http://www.uta-net.com/song/86509/)とかノリ良く踊ってくれそうだし。Fight for the eight(http://www.uta-net.com/song/121991/)もpvの雰囲気というよりブラザー的な意味の歌詞から意外とあいそうだと思います。

 

S.E.M

P担当ユニットです。元教師の三人組ユニット。他のユニットが前職をやめてスカウトされたり、前職に行き詰ってスカウトをきっかけにアイドルになったりする中、「生徒を導きたい!」という情熱と勢いと(約一名金銭欲)で辞表を叩きつけ、あらゆるオーディションに落ちまくった結果最後に315プロにやってきた異色の三人組です。最近ではアイドル曲も全身で学ぶことの楽しさ尊さを示してて…本当に先生でアイドルでヒーローで素晴らしかったんです。好きすぎて意外と曲選びに悩みました。

がむしゃら行進曲(http://www.uta-net.com/song/175601/)はコンセプト的にも鉄板で外せないです。SEMは「生徒を導く」ためにアイドルをやっているので、ヒーロー的な側面からER(http://www.uta-net.com/song/132924/)をバリバリ歌ってもらうのも素敵だと思います。あ!個人的な趣味で浮世踊リビト(http://www.uta-net.com/song/97251/)歌ってほしいです!これは完全に趣味です。

 

神速一魂

ヤンキー二人組のコンビユニット。ハイジョと同じく学生出身ですが、こちらはアウトローヤンキーが前職(?)となっています。と言ってもすれたキャラではなく、正義の味方に憧れる熱血と彼の男気に惚れたインテリヤンキーのコンビという非常に微笑ましいユニットです。イベントもサイン会から停電アクシデントライブまで幅広くこなしています。

同じ高校生ですが、ハイジョのキラキラと言うよりはへそ曲がり(http://www.uta-net.com/song/145341/)のような、どちらかというと泥臭い、でもひたすらまっすぐな心意気ソングが良くにあうユニットだと思います。ゴリゴリ(http://www.uta-net.com/song/78730/)を元気よく歌って熱い青春の勢いを振りまいてほしい。ハイジョも神速もベクトルは違えど、今しか出せない輝きをめいっぱい解き放ってステージを駆け回ってるライブのイメージがあります。そんな彼らに関ジャニの元気をぶん投げる曲はすごくいいなって思います。

 

前述の神速とよくイベントが被るユニット。「和」をモチーフにした集まりで、落語家、茶道家、歌舞伎役者と日本の伝統芸能を前職に持つアイドルが集まっています。衣装も、イベントも、「和」一色…かと思いきやクイズ番組に神速と一緒に出演し番組Tシャツを粋に着こなしたりもしています。最初は前職の伝統にまだ縛られていた彼らも最近アイドルの仕事を楽しんで元気に太鼓を叩いてたりするので変化がなんだか嬉しいです。楽しくなってまいりました(ドコドコドコ)

やはり「和」がコンセプトなので浪花いろは節http://www.uta-net.com/song/20405/)はぜひ歌ってほしいです。大阪出身一人もいないけど…。彩はアイドルになったのもあくまで自分の誇りである伝統を支える、自分の誇りである舞台に立つためと、アイドル=終着点ではない者の集まりです(これはMマスアイドルのほとんどに言えることなのですが)。なのでゆ(http://www.uta-net.com/song/173595/)の夢の(途中にいる者への)応援歌なんか歌われた日にはあまりの説得力にきっと黙って赤べこのように首を振ることしか出来なくなります。

 

今日はここまでで失礼します。あと4ユニット!

Mマスユニット別関ジャニイメソン考

イメソンというより、「このユニットにはこの関ジャニの曲を歌ってほしい!」という願望です。

 

先日、一年間ほどプロデュースしてたMマスのユニットがCDを出しました。まさか声が付くまでゲームが続くと思っていなかったので(暴言)嬉しいのと同時に純粋に驚きました。それとは別に、最近ジャニーズを恐る恐る覗いている身として、ふと「各ユニットで関ジャニの曲を歌わせたらどうなるだろう?」と思いました。

関ジャニの曲はアイドルと大阪の戦いというか、相反したイメージの融合でとてもバラエティに富んでるので、それをユニットにあてはめて考えるのがとても楽しかったです。

にわか関ジャニファンなので各方面に怒られそうな内容ですが、せっかく考えたので記録したいと思います。

 

Jupiter

アイドルマスターの男性ユニットと言えば彼ら。Mマスは「ワケあってアイドル!」というキャッチフレーズ通り、アイドル達に前職が存在します。その中で、彼らジュピターは珍しい、最初からアイドルなユニットです。アニマスでワケあって前事務所961プロから315プロに移った彼らは、いわば再出発のアイドルです。

そんなジュピターを思って浮かんだのはやはりAll is well(http://www.uta-net.com/song/153640/)です。リスタートの経緯を思いながらこの曲を歌うジュピターを思うだけで一曲目なのに泣きそうになります。「ありがとう 今までずっと いつも伝えたくて ここで君を想っているよ」と歌うあまとうをちょっと想像するだけで蒸発しそうです。

315プロの中ではアイドル経験がずば抜けているので雪をください(http://www.uta-net.com/song/88658/)のようなアイドルアイドル(?)な曲も一番しっかり歌い上げてくれそうです。

 

DRAMATIC STARS

我らが!ドラスタ!ジュピターがアイマスの男性ユニット代表と言うのなら、ドラスタはMマスのユニット代表と言えるでしょう。315Pが最初にプロデュースするアイドルであり、これまで様々なお仕事を乗り越えてきた歴戦の315アイドルでもあります。つい先日もグラブルとのコラボを立派に走り切ってくれました。

そんなドラスタはやっぱT.W.L(http://www.uta-net.com/song/111870/)とか前向きスクリーム(http://www.uta-net.com/song/191559/)みたいな、勢いと仲間を信じて突っ走るぜ!的な走り抜ける曲を歌ってほしいです。ああHeavenly phyche(http://www.uta-net.com/song/43694/)の、夢に選ばれないし世界は俺を必要としてないけどお前らと一緒に進んでいくぜ感とかてんてるに歌われたら最高ですね。

 

Beit

衣装や曲のコンセプトはキラキラ王子でありながら、メンバーは「家出中の御曹司(元コンビニ店員)」「外国の王子(元着ぐるみバイト)」「元ヤンのドルオタ(元花屋)」というMマス屈指の個性の塊ユニット。彼らのアイドル曲の作曲家はV6の作曲を手掛けていたこともあるらしく、アイドルソング的にめちゃめちゃカッコいいです。お姫様になる。

Beitは愛でした(http://www.uta-net.com/song/130813/)のような正統派寄りの恋愛アイドルソングを歌ってみてほしいです。たしかに尖ってたメンバーも多いことですし。ファンサをとても丁寧かつあざとくやってくれるイメージがあるのでサイリウム何本でもぶち折りたいです。一方でBeitは疑似家族感が強いユニットでもあるので365日家族http://www.uta-net.com/song/114193/)もあうんじゃないかな、と思います。

 

High×Joker

ハイ出ました。総選挙では上位ほぼメンバーで独占、イベントともなれば5人でガシャと報酬全て埋める、他の追随を許さない超人気ユニット、ハイジョ様です。高校生の軽音部が元となっているこのユニット、バンド形式なのでで関ジャニの曲とも相性がいいなと思いました。パーカッションはいませんが。

ハイジョには絶対、何があってもLIFE~目の前の向こうへ~(http://www.uta-net.com/song/100386/)だけはやっていただきたい。最後の大サビ前のドラムをハルナ(ハイジョのドラム担当)に歌ってほしいがためです。ハイジョの、ベクトルはバラッバラだけど音楽、そしてアイドルに対しては真摯な雰囲気にこの曲ほんとに映えると思います。バンド形式以外なら、Wondderful World!!(http://www.uta-net.com/song/97252/)で、ひたすらキラキラした、青春とアイドルの煌めきを解き放ってほしいです。

 

CafeParade

カフェの従業員が元となったユニットです。こう言うとふわふわした可愛い印象を受けますが、ここも「メキシコで追いはぎにあった経験があるオーナー」をはじめとして中二病から男の娘まで個性の暴力みたいな面々が揃ってます。Mマスは表面的は正統派なユニットほど一皮剥けば混沌としてるんですね。

そもそも関ジャニ×Mマスという全方面に失礼な発想は、8TESTを見てる時にクルトン(http://www.uta-net.com/song/136648/)からのブリュレ(http://www.uta-net.com/song/78727/)の流れがとにかく素晴らしくて流動的で、ふと「これカフェパレでやってほしくない?」と思いついたのが発端でした。クルトンの可愛らしい感じがカフェパレにぴったりで、そこからベージュのマントと帽子をはぎ取って黒基調のワイルド衣装になったのと同時に流れるブリュレのイントロ!これは何本かの血管の犠牲は覚悟しておくべきです。

 

もふもふえん

運営お気に入りの男子小学生ユニットです。平均年齢十歳という、アイドルにしても少々引け目を感じてしまうユニットですが、3人中2人が子役だということもあり、芸能界で揉まれていた経験はジュピターにも匹敵するとかしないとか。信頼度をあげると「成長する己」に関するヘビーな悩みを告白してきたりします。もふもふさん。

これは結構悩みました。もふもふと関ジャニはおよそ20歳差。そりたつジェネレーションの壁。それでも意外と見つかるものです。流石関ジャニ。CloveR(http://www.uta-net.com/song/171981/)の可愛いダンスでもふもふのコンセプトを存分に引き出してもよし、最新海賊イベのかのんさんを見てると象(http://www.uta-net.com/song/173592/)とかのひりひりする曲調もいいギャップとして取り入れられる気もします。

 

まだまだユニットはありますが、一旦ここで小休止します。

日記になればいいと思ってます

思えばもう10月も半分を過ぎました。大学最後の年もあと半分を折り返し、単位は大変危うい状況です。なので日記を書いてみます。

 

Twitterは性にあっているようで続いていますが、これまで日記的なものが続いたことはないです。なので、思ったことや映画の感想や本の感想で、長い呟きを連投しそうになったときに代わりにここに書いてみようと思います。

 

最近ジャニーズにハマりました。まさか成人してから中高で敬遠してたコンテンツハマるとは思ってもいませんでした。

 

サブカルにもジャニヲタにもアニヲタにも真人間にもなれない半端者です。ただ心の芯から腐女子です。