読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情を騙るなというけれど

鉄は熱いうちに打つ

村を焼きたい!焼かれたい!LDH10選

EXILEにハマりました
中学時代の私が聞いたら憤死レベルの自分革命なのですが、かれこれ三か月ほどラブドリームハピネスに狂っているという話です。
色々なことがあって色々なことを考えたのですが、その中でふと気がつきました。

 

EXILEの中にも「村を焼くもの」と「村を焼かれるもの」がいるということに。

 

一年前までEXILEとか、皆村を焼いた炎でライジングサン踊っていると思っていました。
ごく自然に、村を焼く一択だと思っていたのです。
違いましたね。彼らの中にも確実に「村焼きカースト」が存在していました。(村焼きカーストとは?)

そこで、一年以上前の流行りを掘り返して村焼きグランプリを考えてみました。にわかがべらべら話すだけですすいません。

 

【村を焼くもの五本指】
橘ケンチ
絶対軍団率いてそう。ケンチさんがすっと手を上げると後ろの部下たちが一斉に動き出して完璧な統率で灯油班、火付け班、逃げ出す村人処理班に分かれ動きます。
「あーあ可哀想」って棒読み口調で呟く右腕TETSUYAさんを一瞥するだけで最後まで何も言わないケンチさんの炎に照らされた美しい横顔(体言止め)。
・藤井荻花
集団は率いてなさそう。完全なる個人プレーで村に火をつけます。
ずっと村人に虐げられていて、その中でずっと守ってくれていたお兄ちゃんが殺された夜に妹を連れて村をでた荻花さん。その10年後、お兄ちゃんの命日の深夜に一人でふらりと村に戻ってきた荻花さんは、全てを燃やし尽くしながら慈母のような微笑みを浮かべて立ち去ります。復讐の災厄と化したその後の彼女の行方はようとして知れない……。
・岩田剛典
無慈悲村焼き枠と言えばがんちゃんさん。火が回る村を興味なさそうに眺めて、「じゃあ、あとはよろしくお願いします」って部下に投げやりに託して背を向けますねきっと。
逃げ回る村人も悲鳴にも関心を持たずに早く帰りたいなーとか思ってそうです。
小森隼
無慈悲ががんちゃんさんならこの方は無邪気で。「うっわー!すげえー!ボロ小屋超燃えてんじゃん!!」ってぴょんぴょん飛び跳ねて隣の佐野玲於に絡みます。村人が焼け死ぬ様も目をキラキラさせながら見てます。村燃やした帰りに子猫拾って「可哀想だから飼う」と佐野玲於に主張し始める倫理ガタガタ軍人。
町田啓太
淡々と火をつけて淡々と帰る。詰られても「すいません、命令なので」とほほ笑む町田君(目は笑っていない)。反逆者を匿った村を焼きながら哄笑してほしいです。

ただ焼くだけでもLDHでも色々な焼き方ができます。惜しくも五本指からは漏れてしまいましたが、個人的に『数原君が死んでしまうループから抜け出すために望まぬ村焼きをする片寄君』が好きです。何それ。

 

【村を焼かれるもの五本指】
・SHOKICHI
大切な村が焼かれる様を見ながら「どうしてだよ!俺たちが何したってんだ!!!!」って叫んでほしいLDH優勝おめでとうございます。フレネミーに囚われていると言うのはやめろ。声がかれるまで叫ぶけど村の火の手は大きくなる一方なんですよね……。
山下健二郎
うわー!妻と娘が焼け死んでそー!燃え盛る我が家へ必死に飛び込もうとするのをエリーに取り押さえられる。絶望しながら火と崩れ落ちる家を呆然と見守ってほしいです。「健二郎さんが生き残ってくれただけでも良かった」ってエリーや隆二君は言うけど、何より無力な自分自身が許せなくて大好きな家族が死んだというのに涙も出ないまま焼け野原で立ちすくんでます。
佐藤大樹
幼かった佐藤君は母親に匿われて「何があっても戻ってきちゃだめよ」と言われたのに、逃げてきた方を振り返ると火の手が上がっていて、思わず戻ってしまいます。そこで母親の死体と燃える故郷、火を放つ集団をみてしまって、隠れて嗚咽を必死に押し殺す佐藤君。リーダーらしき男の顔をじっと凝視しながら復讐を誓うのでした。
・白濱亜嵐
亜嵐君は村一番の好青年で、頭も良くて街の大学に通ってるんだけど、ある日遅くまで街で遊んでいてるんるん帰ってきたら一面火の海で、状況も解らないまま半笑いで「………え?」って言いました。混乱して頭真っ白になりながらよろよろ近づくけどもう悲鳴も怒号も聞こえなくてただパチパチ火が爆ぜる音しか聞こえないんですよ。
青柳翔
村を焼かれそうだし、村を焼きそうでもある。そしてどちらの時も炎に照らされるのはあの困惑するチワワみたいな無表情です。村にいた時はあんなに笑えたのにもう笑顔の作り方も忘れてしまった。

 

的な。にわか意見なので「この人にこんな風に村を焼かれたい!」「この人が村を焼かれたらこんな反応すると思う!」という意見がありましたらどんどん発信していただけると私が楽しいです。どうもすいませんでした。