読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情を騙るなというけれど

鉄は熱いうちに打つ

Mマスユニット別関ジャニイメソン考2

前回に引き続き、イメソンです。

それはそうとMマスのハロウィンイベ非常に素晴らしいですね。Mマスを代表する黒髪美少年達の退廃系SRが耽美すぎます。去年は三十路たちの本気コスプレパーリナイSRだったので良ギャップが引き立ちますね!

 

W

アイドル育成ゲームには欠かせない(?)双子ユニットです。元サッカー選手で、足を怪我してサッカーを続けられなくなった兄とその怪我に負い目を感じる弟と言う、一歩間違えれば心中しそうな経歴を持っています。しかしそんな過去を吹き飛ばすように全力でアイドルを(そしてオフにはサッカーを)楽しむ二人は、まさにワケあってアイドル!のキャッチコピーにふさわしいユニットと言えます。

Wにはとんでもなく前向きで楽し気な曲歌ってほしいです。急☆上☆Show!!(http://www.uta-net.com/song/86509/)とかノリ良く踊ってくれそうだし。Fight for the eight(http://www.uta-net.com/song/121991/)もpvの雰囲気というよりブラザー的な意味の歌詞から意外とあいそうだと思います。

 

S.E.M

P担当ユニットです。元教師の三人組ユニット。他のユニットが前職をやめてスカウトされたり、前職に行き詰ってスカウトをきっかけにアイドルになったりする中、「生徒を導きたい!」という情熱と勢いと(約一名金銭欲)で辞表を叩きつけ、あらゆるオーディションに落ちまくった結果最後に315プロにやってきた異色の三人組です。最近ではアイドル曲も全身で学ぶことの楽しさ尊さを示してて…本当に先生でアイドルでヒーローで素晴らしかったんです。好きすぎて意外と曲選びに悩みました。

がむしゃら行進曲(http://www.uta-net.com/song/175601/)はコンセプト的にも鉄板で外せないです。SEMは「生徒を導く」ためにアイドルをやっているので、ヒーロー的な側面からER(http://www.uta-net.com/song/132924/)をバリバリ歌ってもらうのも素敵だと思います。あ!個人的な趣味で浮世踊リビト(http://www.uta-net.com/song/97251/)歌ってほしいです!これは完全に趣味です。

 

神速一魂

ヤンキー二人組のコンビユニット。ハイジョと同じく学生出身ですが、こちらはアウトローヤンキーが前職(?)となっています。と言ってもすれたキャラではなく、正義の味方に憧れる熱血と彼の男気に惚れたインテリヤンキーのコンビという非常に微笑ましいユニットです。イベントもサイン会から停電アクシデントライブまで幅広くこなしています。

同じ高校生ですが、ハイジョのキラキラと言うよりはへそ曲がり(http://www.uta-net.com/song/145341/)のような、どちらかというと泥臭い、でもひたすらまっすぐな心意気ソングが良くにあうユニットだと思います。ゴリゴリ(http://www.uta-net.com/song/78730/)を元気よく歌って熱い青春の勢いを振りまいてほしい。ハイジョも神速もベクトルは違えど、今しか出せない輝きをめいっぱい解き放ってステージを駆け回ってるライブのイメージがあります。そんな彼らに関ジャニの元気をぶん投げる曲はすごくいいなって思います。

 

前述の神速とよくイベントが被るユニット。「和」をモチーフにした集まりで、落語家、茶道家、歌舞伎役者と日本の伝統芸能を前職に持つアイドルが集まっています。衣装も、イベントも、「和」一色…かと思いきやクイズ番組に神速と一緒に出演し番組Tシャツを粋に着こなしたりもしています。最初は前職の伝統にまだ縛られていた彼らも最近アイドルの仕事を楽しんで元気に太鼓を叩いてたりするので変化がなんだか嬉しいです。楽しくなってまいりました(ドコドコドコ)

やはり「和」がコンセプトなので浪花いろは節http://www.uta-net.com/song/20405/)はぜひ歌ってほしいです。大阪出身一人もいないけど…。彩はアイドルになったのもあくまで自分の誇りである伝統を支える、自分の誇りである舞台に立つためと、アイドル=終着点ではない者の集まりです(これはMマスアイドルのほとんどに言えることなのですが)。なのでゆ(http://www.uta-net.com/song/173595/)の夢の(途中にいる者への)応援歌なんか歌われた日にはあまりの説得力にきっと黙って赤べこのように首を振ることしか出来なくなります。

 

今日はここまでで失礼します。あと4ユニット!